ペットシッター オンリーワン代々木|渋谷区,新宿区

ご予約・お問い合わせご予約・お問い合わせ

English

ペットシッター オンリーワン代々木についてペットシッター オンリーワン代々木について

スタッフ一同元気いっぱい頑張りますので、
どうぞよろしくお願い致します。

スタッフ紹介スタッフ紹介

安心してお任せいただけるよう、責任をもってお世話します!

KAZUMI  NAKADA (代表・動物取扱責任者)【飼育経験】
シェットランド・シープドッグ、MIX、
マルチーズ×シーズーMIX
キャバリア・キングチャールズ・スパニエル、
ウサギ(ホーランドロップイヤー)
主にフレンチブルドッグ、ブルドッグ、ハイブリッドウルフの犬舎で修業を積み、犬の扱い方を学びました。

私がペットシッターを始めるきっかけとなったのは、ペットホテルで働いていた時、慣れない場所でストレスを感じてご飯を全く食べない子や、他の犬に委縮してしまう子、ストレスを感じお腹を壊してしまう子、また散歩以外はせまいケージにいれっぱなしの環境がとても可哀そうに思えたことです。
自分自身、どうしても家を留守にする時があって、目にとまったのがペットシッターでした。
最初は鍵を知らない人に渡して、部屋に入れるのは大丈夫なのだろうか?と不安もありましたが、打ち合わせに来た女性を見て「この人なら大丈夫」と確信し、お願いしました。
彼女が残してくれた報告書にはいつもの愛犬の行動がかかれていて、とても安心できました。

ペットの為になる仕事がしたい。誰かの役に立てる仕事がしたい。そしてペットシッターが一番自分に合っている仕事だと思い、始めました。
安心してお任せいただけるよう、責任をもってお世話します!

大好きな動物との触れ合いを求めて始めました。

YUKA  MORI(愛玩動物飼養管理士)【飼育経験】
マルチーズ8匹、
フラットコーテッドリトリバー、
猫、熱帯魚、その他
小学高学年の頃、家のマルチーズが8匹もの子供を自宅で出産し、その世話をしたのが人生で最初の ”飼育” 経験。
子犬から飼いだしたフラットコーテッドリトリバー。
欧米の犬事情に憧れ、どこにでも連れて行きたいと、しつけ教室にも通いました。
最後の半年は足が不自由になり、自家製のカートでお散歩、最後の最後は介護ベストや抱きかかえて移動などしましたが、それも短期間だったので今では良い思い出です。大型犬にしては14才の大往生。

大好きな動物との触れ合いを求めて始めました。
今までの経験を生かしつつ、皆様のお手伝いが出来たら嬉しいです。
実は乗馬も好きです(今はやってませんが)

それぞれにあうような対応・シッターを心がけたいと思っています。

RIKU  KATO(愛玩動物飼養管理士)【飼育経験】
保護猫多数
子猫から成猫、具合の悪い猫を雑種、純血種問わず30匹以上保護して室内飼育を馴らし、譲渡するようなボランティアの活動を個人でしたり、外で暮らす猫を一匹でもおうち猫になるように、子猫の保護、TNR(捕獲して手術して元に戻す)活動をしています。

人間に馴れている猫ちゃんや飼い主さん以外には怖くてでてこれない猫ちゃんなど、1匹1匹人間と同じように個性があり性格が違うので、猫ちゃんそれぞれにあうような対応・シッターを心がけたいと思っています。

動物や飼い主さんに喜んでもらえることが、私の大きな喜びです。

AIKO  KUSANO【飼育経験】
雑種、ロングコートチワワ、
ひよこ、インコ
幼稚園児の時、父に「犬が欲しい」とお願いしました。
父と一緒に保健所へ行き、そこで出会った犬とは約16年間共に過ごしました。
その後、ロングコートチワワも10年以上長生きして、数年前に旅立ちました。
私にとって、動物と過ごす時間は自然なことです。

動物のお世話が大好きなので、このお仕事は私にぴったりだと感じました。
みなさまの家族を、大切にお世話させてもらいたい。
動物たちが不安を軽くして、心地よくいられますように。

動物や飼い主さんに喜んでもらえることが、私の大きな喜びです。

安心して預けられるペットシッターを目指して、努力してまいります!

SAYURI  FUKUDA(愛玩動物飼養管理士2級)
(JAZA認定飼育技師)
【飼育経験】
Mシュナウザー、コーギー、パピヨン、Mダックス、キャバリア、マルチーズ、ビーグル、猫等
小さな頃から動物が好きで、縁に恵まれて様々な動物に関わる仕事を続けてきました。
生き物を飼育することは時には、自分のペースを保てないことも多く難しく感じる瞬間もあります。しかしそれ以上に彼らから得られる喜びはとても大きく、ペットを飼われている皆さんがそれを実感しているかと思います。
自分のペットを自分でお世話できることが一番だと思いますが、どうしても仕事や遠出などの様々な都合で他人に預けなければならない時があります。
ペットシッターに家の鍵を預けてどんな人が自分の大切な子のお世話をするのか、ペット自身も自分のテリトリーに突然入ってくる他人に恐怖や不安を感じると思います。
ペットになるべく不安を感じさせず、安心して飼い主さんもおでかけして預ける事ができるペットシッターを目指して、努力してまいりたいと思います。